シーズーの噛み癖にお困りの飼い主さんはこちらを参考にしてください。

TOP > 関連ページ > 噛み癖のしつけ方

シーズーの専門サイト

噛み癖のしつけ方

犬であればどのような犬種でも噛み癖は出るものです。またシーズーは、他の犬種に比べたら噛み癖は少ないほうですが、噛まないなどということもありませんし、大人しそうで大丈夫と思うと突然噛まれて痛い目に合いますので要注意です。

シーズーにとって室内は常に危険に満ちています。電気コードを噛んだらひどい怪我をしてしまう恐れもありますし、またシーズーが子供などを噛んでしまったら大変ですから、やはりしつけは充分に行き届いていることが大切です。

またシーズーが子犬のうちは噛まれてもあまり痛みを感じませんが、甘えているな、などと思って放置してしまうと、シーズーはどんどん主従関係を逆に捉えてしまい、しつけもやりづらくなってしまいます。

そのうちシーズーが成犬になると痛みも大きくなりますし、この時期になると癖を治すのも一筋縄では行かなくなります。

また、シーズーの甘噛みを治すにはある程度叱らなければなりません。また、本気でしかりつけるのではなく、愛情をある程度持って叱ることです。

最初はその程度にしておいて、徐々に癖がゆるんできても、まだ噛むようであれば、サークルに入れてしまって鳴いても無視したり、口に手を入れるのもシーズーが嫌がってかなり効果的です。

手を入れたままシーズーが引っ張ると余計に取れなくなり、また噛む力もほとんど入りません。遊んでいる時にじゃれるように噛む癖がどんどん弱くなっていったら撫でてあげたり、おやつをあげるなども効果的です。

他には歯が生え変わる時期によくかゆみが起こりますので、タイミング的に見計らってかゆくて噛んでいるとわかれば叱らないことです。このためには噛む道具、おもちゃを与えておくのもよい方法です。

シーズーは陽気で活発なところが人気の秘密ですが、自分が納得のいかないことがあると攻撃的に攻めてしまうことがあります。やはり、しつけ全体をしっかり考えていくことが大切です。

もしあなたが、シーズーがなかなか言うことを聞いてくれないと悩んでいるのであれば、当サイトでご紹介している教材でやり方を学ぶことをお薦め致します。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにシーズーのしつけで悩んでいた延べ10000人以上の飼い主さんが、このやり方を実践して、短期間でとてもいい子なシーズにすることができています。

きっと、このやり方があなたのシーズーもとてもいい子にさせるきっかけになると思いますので、興味のある方は下記より詳細を今すぐチェックしてみてください。