シーズーをいい子に留守番させる方法について

留守番方法について

シーズーは小型犬で飼いやすいタイプですが、やはり常に一緒にいられるわけではありません。

どうしてもシーズーといっしょに出掛けられない、つまり留守番をさせなければならない場合もあるわけです。

では、シーズーをを留守番させるのは簡単でしょうか、決して簡単には行きません。シーズーは留守番を強調する度に、どんどん寂しくなってしまいます。

シーズーに行って来ますからね、などというとかえって不安が助長されてしまい、留守番中に我慢できなくなってしまう恐れも充分にあります。つまり出かけるときはほとんど声はかけないのが正解です。

とにかくシーズーが子犬の頃から1人でいることに慣れさせるのが一番です。初めは10分程度買い物などをして訓練したり、徐々に10分単位で伸ばしていったり、チャイムをわざと鳴らしてみたりと、訓練メニューもたくさんあると思います。

留守中に吠えているようであればまだまだですから、吠えが止んだら帰ったり、このようなことを確認するためにはインターネットのカメラを利用する方法もあります。

パソコンに接続してツールを起動すれば、専用のWEBサイトとして常に挙動を眺めることができ、もちろん音なども聞くことができます。

他には留守中に食糞してしまう場合が考えられます。犬は食糞が習性ですからある程度はしょうがありませんが、やはりフードやおやつ用の自動分配器を用意するのが無難です。

シーズーはしつけを継続させれば徐々に慣れてきます。おもちゃを用意しておけば1時間以上は気を紛らすことができますし、散歩後に出かければ疲れてしまって寝てくれることもありますので、そのようなタイミングで出かけてしまうのもポイントです。

もし、あなたのシーズーがなかなかいい子に留守番してくれないと悩んでいるのであれば、当サイトでご紹介しているしつけ法を学ぶことをお薦めしたいと思います。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようになかなか言うことを聞いてくれないと悩んでいた、延べ10000人以上の飼い主さんが、このやり方を実践したところ、短期間でシーズーをしつけることに成功しています。

きっと、このやり方があなたのシーズーもとてもいい子にさせるきっかけになると思いますので、興味のある方は下記より詳細を今すぐチェックしてみてください。