シーズーはいくつかの病気になりやすい犬です。

病気について

シーズーはきゃしゃなルックスで歩き方もゆったりとしているため、病気になりやすいのではないかと考える方も多いようです。

ですがシーズーは、実は見かけによらずタフで、身体的な基礎も丈夫です。

ですから病気もしずらい犬種ですが、やはりかかりやすい病気はあります。鼻が短い犬種であることから「気管虚脱」も起こしやすいのが1つです。

気管虚脱とは、老化現象として起こったり、肥満から来る場合もありますし、先天的異常による場合もあります。夏場に多く発症し、気管が変形してしまい呼吸困難が続くとチアノーゼ、つまり酸欠状態になることもあります。

重度の場合は手術が勧められますし、手術は侵襲性が高いためやはり微妙です。シーズーは子犬の時から食事管理を徹底して肥満を予防したり、暑い時期は運動を控えることや、首輪の激しい使い方も危険です。

また、「外耳炎」もシーズーはかかりやすいです。シーズー同様に垂れ耳犬種につきものとも言えますが、しっかり予防すれば怖いものではありません。

耳が毛の多さなどで蒸れてしまうと細菌が発生して炎症を起こし、耳垢が多くなったりかゆみも出ます。対策としてはしっかりと耳掃除をしてあげること。特に夏場でニオイがあると思ったら小まめに回数を増やすのも得策です。

また夏といえば「熱中症」も考えられます。シーズーは暑さに弱い犬でもありますので、最近の夏の暑さには用心しなければなりません。室内でクーラーをかけないまま放置したり、他には自動車の中のムッとした暑さもシーズーはかなり応えます。

呼吸困難や嘔吐、下痢等が起こり、長引くと酸欠状態になって痙攣が起こることもあります。シーズーは他の小型犬よりも熱中症にかかりやすいタイプですので、散歩中のアスファルトの照り返しにも要注意ですし、留守番ではしっかり温度管理を徹底することです。

シーズーだけでなく、犬は汗で体温調整ができませんので、人間よりも暑さには弱く、呼吸だけではなかなかです。

他にシーズーは「鼻腔狹窄」になりやすとも言われています。鼻腔狹窄とは、鼻の穴が小さいために起こる呼吸困難症の一種です。酷くなると心臓にも影響しますので、見つけたら早めの受診が必要となります。

シーズーがかかりやすい病気は以上となりますので、飼い主の方は参考にしていただき、愛犬のためにも予防策を講じてください。