シーズーの寿命は飼い主にかかっていると言っても過言ではありません。

寿命について

シーズーの寿命とは

シーズーの寿命については、平均では15歳前後と言われています。

小型犬ですから大型よりも長く、また小型犬の中ではごく一般的といったところですが、もちろん長生きできれば20歳まで元気に活動するシーズーもたくさんいますし、残念ながら中には平均よりもかなり早く元気がなくなってしまう場合もあります。

生後1年程度が人間で言う20歳、そしてそこからは1年ごとに4歳老けていきますので、6年程度経てば立派な中年、現代的にはアラフォーの時期になります。

シーズーを飼う上で寿命の知識は大切です。飼い方を学ぶ上でも必須ですし、実際に飼うのであればしっかりと計画を立てていくことも大事です。

例えば飼い主さんが高齢であれば、もしもシーズーが残されたらどうするか等、色々なパターンが考えられます。

またしつけは子犬の時から基本を身につけさせるのが大切ですが、ある種の訓練のようなものは目安としてあと何年ぐらい、というように計算しておくと便利です。

他には老後の時期になれば介護グッズも早めに用意しておいたほうが無難です。小型犬の場合は室内で飼われることが大半です。

ですから、湿度も温度も変化が乏しい分身体へのダメージも少ないですし、他の刺激やストレスからもフリーになりますので、やはり外で飼われる大型犬よりも寿命は長くなります。

また室内で飼えば病気や怪我の発見もより早く、早急な処置に繋げることができます。また一緒にいられる時間が長いシーズーも、飼い主よりも4倍以上早い速度で老化していきます。

やはりシーズーにとって何が幸せなのかをしっかりと考え、そのチャンスをどれくらい提供できるのかをしっかり考えてあげることが大切です。

もちろん大切に育てたと自負していてもコツがしっかりしていなければそれだけ損です。かわいがるばかりで肥満を起こさせてしまったりすると、何年も早く死んでしまうことになりかねませんので、しっかりしたしつけ方を心得ることがまず肝心です。

もしあなたが、シーズの正しいしつけ方を学びたいと考えているのであれば、当サイトでご紹介するDVD教材をお薦めしたいと思います。

どの先生方も、雑誌やテレビで数多く取り上げられている優秀なドックトレーナーです。

また、あなたと同じようにシーズーのしつけで悩んでいた延べ10000人の飼い主さんが、このやり方を実践したところ、短期間でシーズーをいい子にすることに成功されています。

きっと、このやり方があなたの愛犬をとてもいい子にさせるきっかけになると思いますので、興味のある方は下記より詳細を今すぐチェックしてみてください。