シーズーの正しいシャンプーの仕方はいくつかのポイントがあります。

TOP > 関連ページ > 正しいシャンプーの仕方

シーズーの専門サイト

正しいシャンプーの仕方

シーズーの被毛は細めで柔らかく、また抜け毛も少ないタイプですが、やはりもつれたりすると毛玉にもなりますし、定期的なブラッシングはシーズーにとってとても大切です。

もちろん綺麗な毛並みを保つにはシャンプーも必要です。シーズーの場合は月に2回程度が妥当です。

通常のブラッシングケアをして、もつれをほぐしてからだと洗いやすくなりますので、ブラッシングのコツをまずしっかり覚えることが大切です。

ブラッシングをしたらぬるま湯のシャワーをかけていきます、この時、後ろ足やお尻のほうから徐々にかけていきます。はじめは慣れなくてびくびくしてしまうシーズーもいますので、半身ぐらいのシャワーで済ませるのも効果的です。

ドライヤーを掛けてあげてからおやつなど与えると、シャンプーの醍醐味を実感してそのうちに全身シャワーをしても気にならなくなると思います。

またシャンプーは、1回ではなく2回洗うのが基本です。1回目はシーズの体の表面の汚れを集中的に落とし、2回目は地肌から全体を洗うような感じがベストです。

すすぎをしっかり終えたらドライヤーで全体を乾かし、この時に耳の中もしっかり拭き取ること、またドライヤーをあまり近づけすぎると火傷してしまいますので、30センチ程度離してかけていくのも大切なコツです。

その他、犬のお尻、つまり肛門には肛門嚢という袋がありますが、ここにはニオイから来る分泌物が溜まっています。また過度に溜まると炎症を起こしますので、絞って分泌物を洗い流してあげるのも大切なメニューです。

また、リンスをする飼い主さんも多いようですが、どちらも予め薄めておくのが妥当です。また、人間が使うようなものを使用すると、シーズーは皮膚病にかかりやすいため、専用のものを準備しておくようにしてください。

シャワーの温度については37度程度が標準的で処置しやすい温度ですが、夏場はこれより温めでも構いません。手際よくシャンプーしてあげるためには、シーズーがしっかり腰を据えておくことですが、やはり徐々に慣れさせていくのが大事です。