シーズーの正しい散歩の仕方について詳しくご説明しています。

TOP > 関連ページ > 正しい散歩の仕方

シーズーの専門サイト

正しい散歩の仕方

シーズーはそれほど散歩は必要無いだろうと考える方も多いようですが、やはり犬ですから外出しての散歩は大切なメニューです。

散歩といっても筋肉や骨の運動ばかりではなく、精神的な運動とも言えるのが社交性の訓練です。

肉体的な運動だけであれば、大きな庭やドッグランがあれば充分ですが、他の犬と接したり人間にも接しますし、下界には様々な環境、音があり、それぞれに慣れていくこと、つまり落ち着いていられるようなシーズにすることは飼う上では大切です。

お客さんが来てもついつい吠えてしまう理由は、やはりこの社交性の欠落にあると言えます。他には、リードをとる飼い主さんが主従関係の主人であると、しっかり認識させるための、絶好の機会でもあります。

また、このためにはシーズーが先に歩くようではダメです。シーズーが好きなところの道にそれたりする飼い主の方もよく見かけますが、シーズーもかなりメリハリが強く見られます。

リーダーウォークを徹底することこそ、シーズーとの散歩の基本であると言えます。あいまいなことをしていると人が通りかかってもシーズーが吠え出し、飼い主が慌ててストップをかけなければなりませんが、シーズーは飼い主を守ろうとやっきになっているわけです。

おまけに飼い主さんも困ってしまいますし、シーズーの方は特に疲れきってしまいます。また最初が肝心なのではなく、まずは抱っこしたままで外の環境に慣れさせることが大切です。

そのうちにシーズーが降りて歩きたいようなしぐさをしたらリードを取ればいいですし、10分やそこらであれば勝手にコースを決めさせても構いません。

徐々に慣れてきたらコースを無理に選ぶようなこともなくなりますので、しっかりリードをとってあげるのがベストです。家を出る時も飼い主さんが先に出ること、先にシーズーが出ようとしたらドアを閉めるくらいの根気も大切です。